いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

【身寄りのない女性】を助けることに

おとなしく、しずかに書きます。  

女性を助ける 

あまり詳しくは書けませんが、

最近仕事の関係である女性を知ることとなります。

 

その女性は、

両親はすでに亡くなり、実家もなく、

夫とは離婚、一人娘とも疎遠になっています。

ずっと一人で生きてきました。50代です。

 

f:id:hitsujidash:20210427104732j:plain

 

そして、病気を抱えています。

無職です。

 

なにかにすがりたい気持ちからか、

服の下にはお守りをいくつもつけています。

 

安全ピンで下着に留めたり、

首から下げたり…

異様にも思いましたが、

それよりなにより見放すことができませんでした。

 

どうしても、

今いる場所から違う場所に行かなければいけないと。

 

でも、自分じゃどうしていいかわからない。

 

f:id:hitsujidash:20210427102323j:plain

 

もう一人、

彼女のことを心配してくれていた女性がいました。

その方と協力して、どうにかしましょうと。

 

次のアパートをまず探すことに。

ただ、保証人になってくれる方はいません。

借りられるのか…

 

彼女は、バリバリ仕事をしてきたそうです。

お金は、持っていたようです。

300万円以上あれば大丈夫と不動産屋に言われ、

保証人なしでアパートを借りることができました。

 

気付かれちゃまずい人もいたようで、

私達も慎重に事を進めました。

 

家電を一切持っていないと言うので、

たまたまうちの息子がアパートを引き払って帰って来てたので、

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどを使ってもらうことにしました。

「お金はいりませんからね」と、私も助かって一石二鳥です。

 

引っ越しの車も手配し、

いざ引っ越し当日。

 

息子に事情を説明して、協力してもらうことに。

家電製品を2人で車に積んで彼女の住んでいる場所へ。

 

一度通り過ぎて、周りを確認。

誰もいないことを確認して外に下ろします。

そして、私達はすぐ帰る。

 

f:id:hitsujidash:20210427104214j:plain

 

その一時間後に、引っ越しの車が来て、

あっという間に荷物を乗せてもらって引き払ったそうです。

荷物が少なかったので早かったんだと思います。

 

ただ、驚いたことは、

私と息子が搬入した30分後に、

”来るかもね”と予想していた人が見に来てます。

 

外に、家電があるのでなにか動きがあったようだと、

会社?に連絡します。

 

そして、そちらの人がその1時間半後に見に来ます。

その時には、すでにもぬけの殻です。

 

キセキでした!

誰にも会わずに、見つからずに、

彼女は消えてしまいました。

 

私が、彼女とつながっていることも、

誰もなにも知りません。

 

犯罪でもなんでもなく、

彼女が、悪いことをしているでもありません。

ただ、世の中がやさしくないだけです。

 

メールと電話番号しか知りませんが、

なんとか生きていってほしいと思います。

 

今どこで、どうしているのか…住所も知りません。

協力したもう一人の彼女から、

仕事を紹介してもらって働き始めたと、

それだけ聞きました。

 

最近、こんなドキドキすることなかったです。

f:id:hitsujidash:20210427103224j:plain 

微力ながら、少し手を差し伸べただけですが…。

 

大きいことはできませんが、

小さなことからでも…

 

ここまで生きたんだからなにかしなさいと、

背中を押されてる気がします。

その彼女は、ずっと一人で生きてます。

そういうことも含め、

私自身に、

”気づき”や”学び”が増えてる気がします。

 

この話は、ここまでにしておきます。