いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

【せつない話】や【ひどい話】 ~万引き・失神ゲーム 

f:id:hitsujidash:20210203153547j:plain

 

↑この石瀬神社のもみの木が好きです。

年に何度か訪れています。すごく生命力を感じます。

 

最近の記事を書いてから、中学の頃を思い出してます。

この木からのパワーをいただきながら、

いやな出来事を話してみます。

 

同級生の万引きを目撃

40年くらい前の、私が中3の時の話です。

 

あの頃、学校帰りに立ち寄ると言ったら、

本屋さんです。

文房具も、そこでしか買えない時代でした。

 

中3になると、部活も終わってしまい、

早い時間に帰れます。

 

その日、

私は一旦家に帰ってから自転車で本屋さんに行きました。

 

本屋さんに入ると、

自転車通学の同じクラスの男子が3人いました。

 

別に気にするでもなく、

私は私で本屋さんの中で本を選んでいました。

 

私と同じ本棚の並びにその男子3人。

 

今思うと、私が店員をさえぎるように立っていて、

男子達は死角になっていたのかもしれません。

 

私、見てしまいました。

漫画本を手に取り、制服の上着の中に入れたところを。

3人で共犯です。

 

f:id:hitsujidash:20210227124131j:plain

 

えーーーー!!(心の中で)

とったよね! 今、隠したよね!と。

 

こっちがドキドキして、店員さんの顔見てました。

気付いてません。

 

男子達3人は、談笑しながら何事もなかったように、

何も買わずに出て行きました。

 

子供ながらに、

こうやって万引きするんだ…本当にするんだ…あるんだ…と 、

自分の中でかなりショックでした。

 

手慣れた感じだったのも気になりました。

どうすることがよかったのかわかりません。

私も子どもです。

 

ちょっとやんちゃな男子達でした。

でも、決して私が嫌いなタイプではなく、

教室でも普通に話せていたので、そこもショックでした。

 

次の日、学校で会っても、

私は、昨日の出来事とセットで彼らを見てしまいます。

 

もう、そういう目で見てしまって、

私が距離を置くようにしたと思います。

 

このことを、誰にも話せず、

ずっときました。

 

誰かに話して広まってしまうことも、

したくなかったからです。

 

10年くらい前から、実家の店を手伝うようになり、

その時の男子のお母さんがよく買い物に来てくれます。

会えば私も話をします。

 

「うちの○○も、結婚して、子どもが2人いるんだよ。」

話してくれます。

 

私は、自分が親になったこともあってか、

あんなことしてた○○が...そっか、結婚して子供もね...

今は大丈夫だよね...と、

いらない心配したりしてました。

 

その彼のお母さんの話だと、

あの頃のあの男子3人も親になって家族がいるとのこと。

 

よかった…と思っています。

 

 

教室で失神ゲーム

中学の頃は、いろいろありました。

また、私が中3の時の同じクラスの話になります。

 

f:id:hitsujidash:20210227203447j:plain

 

私のクラスでは、

やんちゃな男子がおとなしい男子に、

ちょっかいを出してることがよくありました。

 

休み時間に、男子達が教室の後ろに集まって、

なにか始まりました。

 

私は、席が後ろの方だったので気付きました。

 

おとなしいK君を、顔をこっち向きに壁に押し当てて、

胸のあたりをすごく押しています。圧迫しています。

 

なにやってんのーーー!!

 

男子が囲んでいるので、よくは見えませんでしたが、

いきなりK君が、力が抜けたように、

ぐたっと座り込みました。

意識がない感じです。

 

男子が騒いでいます。

ある男子が、K君の顔をたたきます!

「おい!おい!」と。

 

K君は、目を開けて、

なにが起きたかわからない顔してました。

 

とても、おとなしくて優しいK君です。

男子の世界も、いろいろだなと見てました。

 

f:id:hitsujidash:20210227210532j:plain

それが当時世間でも流行っていたことなのかどうかさえ知りませんでした。

でも、流行っていたんでしょうね。

 

ただ、危険なことをしてると思ってました。

いじめだとも思ってました。

私も含め、女子も見ていましたが、

見て見ぬふりだったように思います。

 

そのK君は、席が斜め後ろだったので、席に着いた時に、

こっそりと「大丈夫なの?」って聞いたら、

「大丈夫。」と答えてました。

これが私の精一杯でした。

 

この情報化社会になってから、

あれが「失神ゲーム」と呼ばれるものだと知りました。

 

面白半分に手を出してしまう人も多く、

死亡者や後遺症を残す人たちが後を絶えないと言います。

 

危ない行為だと知り、

なおのこと忘れられない出来事になってます。

  

K君は、今は親の後を継いで地元のお菓子屋さんです。

結婚もして子供もいます。

こちらのローカル番組に出てたこともあり、

元気にしてるようでなによりでした。

 

私が、ずっと気になっていたK君でした。

 

それより、そんなことをした男子達!

こちらの今がわかりません。

 

**  ** **

 

いまだに、気になるあの頃の男子や女子がいます。

元気でいますか。

 

f:id:hitsujidash:20210227214217j:plain

今日の海に沈む夕陽 

雲と空の色のグラデーションが素敵でした。