いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

【告白】20代の職場で飲み会で ~あんなことこんなこと  

今週のお題「告白します」

 

鉄の灰皿を履く

20代の頃の職場は、課で20人くらいでした。

あの頃は、1990年代で、

本当に飲み会が多かったです。

 

私は、飲み方だけは大人になれてなくて、

思い出したくもない失敗の数々(>_<)

 

まだこれは、かわいい話です。

ある時の、飲み会です。

f:id:hitsujidash:20210220154345j:plain

一次会で、もうすでに酔ってしまった私は、

「次に行くぞー!」「はーい」で、帰る準備を。

 

なぜか、下駄箱の上段にこれが置いてあったんですねー。

鉄の灰皿を一つずつ下ろして2個並べます。

そして、その中に足を入れます。

靴だと思い込んでます。

 

https://shop.r10s.jp/esp-store/cabinet/03283768/img60416916.jpg

https://shop.r10s.jp/esp-store/cabinet/03283768/img60416916.jpg

 

「歩けなーい 。なんで⁉ 歩けませーん。」と、私。

重くて一歩が出ないんですね。

 

先輩の女性に、

「Aちゃん!それ、灰皿!!」と言われます。

 

その言われた場面、覚えてます(・・;)

爆笑されてるみなさんの声も覚えてます。

 

4年いた職場でしたが、ずっと言われ続けました。

 鉄の灰皿履く人って、見たことありますか(笑)

 

ある時の居酒屋では、

木の丸太のイスだということを忘れていて、

背もたれがあると思って...

スローモーションのように後ろに倒れて、

店内爆笑だったりと...やらかしてます(笑)

 

同僚の女性が行方不明に

↑上記の職場にいた時の、

別の課にいた同い歳のMちゃんの話です。

 

服装は地味で、おとなしい感じの彼女。

 

同じ頃に入ったこともあり、

食堂で一緒にお昼食べたりして、

仲良くなりました。

 

ある日、休みの日に会おうということになり、

喫茶店で待ち合せます。

そこは、彼女が指定してきたお店です。

 

ふつうにガラス張りのオープンなお洒落なお店で、

なんの違和感もなく中に入りました。

 

でも、入ってすぐになにか違和感を感じました。

彼女は、お店の中の人達とほとんど知り合いで、

年齢もいろいろです。

 

私とテーブルに座り、

「私ね、この人達と出会って、すごくよかったの。

みんな、いい人達でね…」

と話し始めます。

 

私の方を、みなさんが見ます。

私…なんか、おかしいと思い始めます。

 

私に言います。

「私ね、このビデを見てすごく感動したの。

だから、○○ちゃんも是非見てほしくて。」

 

ん?なになに、これ勧誘?

 

 f:id:hitsujidash:20210220155523j:plain

 

自分が落ち込んだ時に、

すごく救われたと’‘Mちゃん‘’が言います。

 

「私ね、このビデオ見て、

自分より不幸な人が世の中にはこんなにいるんだと思って…」と。

 

私は、ふーーん、へーーーーと聞いてました。

 

私は、

「ビデオなんて見なくても大丈夫だから。

自分が不幸だなんて思ってないし。」

断りましたが、

周りにいた、ちょっと年上の人達までが、

見るだけ見てみたら!としつこく言います。

 

テーブルに何台かテレビがあり、仕切られていて、

あーーもうこういう感じに連れて来られるんだなと察しました。

 

そこにいるみなさんが、

「見たら感動するから」と言います。

 

「ビデオ、何分なんですか?」

と聞いたら、30分くらいと言います。

 

くどいので、はいはい、じゃあ見てみましょうかと、

ヘッドホンして見てみました。

 

終わったら、周りに人が集まってきて、

‘’Mちゃん‘’が、

「どう、よかったでしょう。」と。

 

私には、まったく響かず。

海外の飢えに苦しむ子供たちの映像だったり…

その辺は覚えています。

 

「よかったでしょう!」

という‘’Mちゃん‘’がわかりませんでした。

普通は、みんな泣くらしいと聞かされます。

 

いやいや、それはその人の感じ方次第ですが、

泣くほどのことでもなく、私はまったくでした。

 

ということで、

私は用事あるからと逃げるように帰りました。

 

あれから、職場では、

私が‘’Mちゃん‘’に「大丈夫なの?」

話しかけては心配してました。

 

f:id:hitsujidash:20210220160610j:plain

 

でも、彼女は心酔するようにのめり込んでいってる感じでした。

私に言います。

 

「次のゴールデンウイークに、

富士山の方で何泊か泊まりで研修があるの。」

 

私にも行かないかと誘われましたが、

当然断りました。

 

私とは、それが最後の会話でした。

 

ゴールデンウイーク明けに、

彼女が仕事に来なくて、

実家の方からもいなくなったということで、

私のフロアでは噂になっていました。

 

捜索願を出すとか出さないとか... 

彼女は、いったいどこに行ってどうなったんでしょう。

 

職場の人が話していたのは、

某有名になったA教だったんじゃないかと…。

 

今回の「今週のお題」で、ふと思い出してしまいました。

’Mちゃん‘’、幸せならいいのですが...