いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

【鬼】で一筆(いっぴつ)

今週のお題「鬼」

 

節分で鬼役の夫

長男が保育園の時です。

我が家は、その頃アパート暮らし。

 

f:id:hitsujidash:20210202124554j:plain

 

その日は節分ということで、

仕事に出かける夫に、

「帰ってきたら、家に入る前に鬼のお面をつけて入ってきてね。」

と、お願いしました。

 

原因は、もう忘れましたが、

私と長男は夕方、ケンカしてました。

言い合いしてました。

 

そんなところに、鬼のお面で玄関から入ってきた夫。

 

私と息子は、鬼を見ても、それがどうしたって感じに、

言い合いしてた熱量は収まってなかったです。

 

f:id:hitsujidash:20210202125210j:plain

 

俺はなんなんだ…??と立ってる夫を覚えてます。

 

いまだに言われてます(笑)

こっちは、鬼役やろうと勇んで入っていったのに、

そっちが鬼に見えたよ、でしょうね。 

 

私の祖母

92歳で亡くなった私の祖母ですが、

町の人から『意地悪ばあさん』と言われてたみたいです。

 

よくありますよね、本人や身内の耳には入ってこない噂話。

 

噂話は、私にも入ってこなかったので知りませんでしたが、

母から聞かされました。

 

母は、結婚当日車でお迎えに来てくれた人に聞かされます。

「あそこの人はきっつい人だから、あんたも覚悟した方がいいよ。」と。

 

母は、亡くなった祖母の話をする時は、

「まー意地悪だったよね。」と、しみじみ話します。

 

連れ子の娘に意地悪をする姑 | 公益社団法人スコーレ家庭教育振興協会

 

お嫁に来て、朝「おはようございます。」と言った母に、

「あいさつする暇があったら、手動かせ!」

だそうです。

 

いやいや、朝から怒鳴られるって...

朝の挨拶って大事ですよね。たった何文字ですけど。

 

そして、自分が悪くても、絶対謝らない祖母。

口ぐせが、

「頭下げたくない者に、頭下げさせるんだかーー」

ですから。

 

そんな人います?自分が悪いのにですよ。

そんな自分勝手な都合のいい話、ダメです!

 

この祖母の教えに習って、父もそっくり言ってました。

「ダメだ―この2人」と、子どもながらに思ったものでした。

 

そんなこんなで、私は物心ついてから、

大人になれてない人っているんだなあと、

身近で祖母を見ていて思い始めてました。

 

私も、さんざん祖母からいやみを言われて育ちましたが、

そこは祖母の血筋も入ってるからでしょうか、

負けてなかったとこあります。

祖母が間違ってたら、そこは違うでしょと言ってました。

 

嫁として言えない母を守るためでもありました。

私は、やさしくも我慢強い母に助けられましたから。

 

**  ** **

 

年老いてからの祖母は、

やっと、ご飯を運べば「ありがとう」

なにかしてやれば「ありがとう」と言うようになりました。

 

母と、だんだん感謝の言葉が出てくるようになったねと、

あの頃話してました。

 

私の夫は、もう年老いてからの祖母しか見てないので、

「かわいいばあちゃんだった。」と言います。

いやいや、全然違うから、と心の中で思う私。

 

若い時の祖母は、鬼のようなエピソードだらけでした。

町でも有名だったと、

母の店に来るお客さんたちから今になって聞かされてます。

 

**  ** **

 

私は、見た目ぽわーんとしてると言われますが、

本当のところどうなんでしょうね(^-^)

 

少しでも、そんな意地悪な血が薄くなるように、

やさしさを自分の中で増やそうと生きてます。

 

ちょっと一筆(いっぴつ) 

地吹雪のすごかった朝に見た事故です。

パトカー3台来てました。

 

f:id:hitsujidash:20210202135446j:plain


トラックと軽自動車でした。

右にはトラックが、

左の田んぼには軽自動車が落ちていて、

前はメチャクチャでした。

運転手さん大丈夫だったんでしょうか(>_<)

 

雪道は、凍ったりホワイトアウトだったり…

怖いです。


ちなみに、「雪」と「鬼」で検索するとなにかあるのかと見たら、

【雪鬼(ゆきおに)】雪の精が鬼の姿に化したもの。吹雪ですべてを吹き飛ばす。

とあります。

 

なんか、地吹雪も【雪鬼】みたいですね。