いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

母を見て「お前じゃない」という昔馴染みのおじいちゃん

私の母は82歳で、 今も細々と店をやっています。

そこに来るお客さんだったり、 お茶飲み友達の話です。

 

母を見て、お前じゃない

最近、母に聞いた話です。

 

ある日、90歳のおじいちゃんが娘に乗せてもらって、

母の店に買い物に来ました。

 

f:id:hitsujidash:20201221161431p:plain

 

そのおじいちゃんとは、生まれ育った地域が同じですから、

小さい時から母はよーく知ってます。

おじいちゃんも母のことはよーく知ってます。

 

母は隣町くらいのところにお嫁に来て、

そのおじいちゃんはお客さんとして店に来てたので、

大人になっても、当然お互い顔見知りです。

 

そのおじいちゃん、年末にいるものがあったので、

久しぶりに買いに来たそうです。

それと、母の顔も久しぶりだし見たかったみたいです。

 

私の母は、生まれ育ったところの人達からは、

ひっこと呼ばれていました。

 

「いたかー」と玄関に入ってくるおじいちゃん。

「いたよー」と母。 

笑うおばあちゃん

 

母は、奥の部屋から店に出てきます。

 

すると、そのおじいちゃんが、母を見て、

「なあじゃねんだて。ばあちゃんいたかー」

 

と、ここからおかしな二人の会話になります^^

この辺りの新潟弁でいきます。

 

母:

ばあちゃんいたかって、なに言ってんだー

ばあちゃんなんて、わたしらて=

 

おじいちゃん:

ちごてば、なあじゃねんだて。(ちがう。あんたじゃない。)

ばあちゃんのとこに来たんだて。

ばあちゃん、いねんだか。(いないの?)

ばあちゃん、呼んできてくれや。

 

母:

ここのうちのばあちゃんなんて、わたしらて。

あんた何言ってんだー

小さい時から知ってるねっかて。

 

おじいちゃん:

なあが、ここのうちのばあちゃんだってかー

ちがうろー、そんが顔じゃねかったて(ちがう、そんな顔じゃなかった)

なあは、ここんちのだれになるんだー

 

母:

ここんちのばあちゃんになるこてー

わたしが、ひっこらて!

82になったばあちゃんらて!

おめさん、さっきからなに言ってんのー

 

**  ** **

 

母の話し方もおかしくて、漫才聞いてるようでした(笑)

 

この会話のやり取りが繰り返され、

おじいちゃんはまだ不思議そうではありましたが、

やっと母のことをひっこだとわかってくれたそうです。

 

年寄りと話すとわけがわからん!

82歳の母が言います(笑)

 

いやお前じゃない!、私だ!で、玄関先で結構な時間だったと。

 

でも、今回のこの会話って、

私の母がここのうちのおばあちゃんに

見えなかったってことですよね。

若く見られたってことです、きっと。

 

という話をして、母はにっこりしてました(^-^)

 

**  ** **

 

母は、同年代からすると、しみ、しわが少ないと思います。

「なに使ってるのー」とおばあちゃん達から言われてます。

まだ、美意識あるってことはいいですね。

 

母の答えは、 

「体にいいもの食べてればいいんじゃないの。

肌は、上からじゃなくて中からきれいに。」

だそうです。

 

農家さんからいただく野菜がいいんだと

よく言っています。

  

店に来る同じ82歳の夫婦は、

お昼はほとんど毎日カップラーメンだそうです。

それはどうなんだろうね、と母は言います。

 

高齢の方々は、もう料理作るのが面倒だと言います。

私も、そんなときはありますが…。

 

**  ** ** 

 

f:id:hitsujidash:20201221153733j:plain
f:id:hitsujidash:20201221154010j:plain

里芋をたくさんいただきました。

けんちん汁。

 

f:id:hitsujidash:20201221154120j:plain
f:id:hitsujidash:20201221154709j:plain

母と同い年のおじいちゃんが、お茶飲みに来て、

「人から三つ葉もらったんだけど俺食べないからさ。」と、

置いていきました。

私のお昼のうどんに、贅沢にも1袋使いました(^-^)

 

母にも、こんな感じに野菜料理を作って置いてきます。  

 

**  ** **

 

まだ、未知ですが、

母のように野菜や体にいいものを気にして食べてる人と、

カップラーメンでお昼を済ませている人と、

今のところ生きてる長さは同じなので、

母は研究だと言ってます。 

 

医療費でいったら、

そのご夫婦より断然母がかかっていませんが、

寿命はわからないよねと言ってます。

 

私も何がいいのか見届けます(^-^)