いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

【子育て】ものすごい声で叱られてたのは息子でした

私は、息子が2人います。

保育園、小学校、中学校までが、

まあまあ大変でした。

 

次男 小2の時です

授業参観の日です。

小学校の玄関に来て、同じクラスのお母さんに会いました。

「久しぶり~」と話をしながら、

スリッパに履き替えて歩きます。

 

この時、学校は昼休みの時間でした。

玄関からホールに上がったら、

女性の先生がものすごい声で生徒を叱ってる声がします。

ホール中に響いてます。

 

私達は、「すごい声だねー」「あんなにおこられるのー」

と話しながら、階段を上がっていきます。

 

一緒に歩いていたお母さんは、身長が170㎝近くあります。

階段上がりながら、私より先にその先生と生徒が見えて、

 

「あなたのうちじゃん!!」

 

「えっ?うち?うそでしょう!!」

 

私も上がって行ったら見えました。

 

えーーー うち!!

 

うちの息子でした(>_<)

 

息子の担任がすごい顔で、

すごい声で怒っています。

 

 

f:id:hitsujidash:20201119213720p:plain

 

一緒にいたお母さんに、

「ほら、いって先生とめさせたら。」

と言われましたが、

あまりのすごさに私はひるんでしまいました(>_<)

 

「毎日、先生に怒られる」と言っていた息子は、

こんなふうに毎日なのか…と私は恐ろしくなりました。

 

 

息子は泣きもせず、立ち尽くしてます。

先生は感情丸出しです。

もう、キーーーーッという感じです。

 

今日は、うちの子なにしたんだろうと

ドキドキしてました。

 

先生が立ち去って、私は息子のところに行き、

「大丈夫?」と聞くと、

「いつものことだから。」だそうです。

 

あの怒鳴られ方で、

よくいつものことだからって平然と言えるねー(>_<)と、

逆にビックリです。

 

いつものことだからと、

息子は右から左に流してたようです。

毎日になると、「またはじまったー」と

聞き流す術を身につけるんだそうです。

 

学校でそこまでなら、家では何も言えないな…

それこそ、家だけは居心地のいい場所にしないといけないなと、

思った私です。

 

喜ぶお茶の間のイラスト

 

この先生の時が、一番個人面談でも毎回かなり言われました。

小学1年と2年と2年間担任だったので、

わかります、先生も大変だったと思います。

 

申し訳ありません、と何回言ったでしょうか。

 

 * * *

 

私の母は、

学校に一度もそんな言葉言われたこともないし、

先生に謝ったこともないと言います。

 

ですよね、私も兄も枠の中にちゃんとおさまってましたから、

ってことです。

ただ、私は学校でうまくやってただけです。

そこで、母にはこういうことは相談しても無駄だとわかります。

 

うちの長男も次男も枠外のことをやってくれました^^;

でも、私はそれが子供でしょ、子供らしさって思ってました。

 

でも、それは、違うんですね。

学校という中では。

 

次男は、だんだんと勢いがなくなっていきました。

 

先生も鬱になってしまうこともありますから、

なんともいえません。

 

私も、学校という枠の中で、

担任の先生ともやりにくかったです。

 

私は、頭を下げることには抵抗がなかったので、

(これも次男と同じく、私も慣れましたか…)

「すみません」というこの言葉は、

保育園、小学校、中学校何度も言いました。

 

 

最近、次男と話します

今、次男は成人してますが、

この頃の話をすることがあります。

 

我が家は、長男と夫が性格似てます。

そして、次男と私が性格似てます。

 

まず、次男と私は好奇心旺盛のいて座です。

縛られること嫌いで、素直にはい!と言えないところも

似てます。

そこが問題でしょうか(>_<)

 

 

それでも救いは、次男は高校でいい先生に出会い、

「やさしい子ですね」と言ってもらえますが、

それが、本人はまた苦しい。

 

小さい頃の前に出ていく性格は、

もう小さくなっています。

 

なんで、もっと強く言える子に育てなかったのかと

私が言われます。

 

小さい頃は強いと思っていましたが、

認められる回数が少ないせいか、

おとなしくなっていった気がします。

 

やさしく育っても、なにもいいことないんだそうです。

 

周りが、思ったことはすぐ口にする、

人を思いやる言葉ではなかったり、

みんな自分勝手。

 

息子は、やさしく育つと生きにくいと言います。 

なんでしょうか、そんな世の中。

 

私は、人にはやさしくできたらと思って生きてますが、

確かに私も苦しい時あります。

 

やっぱり、

ひどい言葉をかけてくる人は

大人になってもいるんですよね。

 

でも、負けずにやさしい心は、

自分の中でもっと大きくしていきたいと

思っています。

 

どうも、私と息子は生きにくい世の中です。