いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

【実家の片付け】いまだに続いてます

亡くなった父が残した後片付け

実家がこんなに片付いてなくて大変だったなんて、

恥ずかしい話なんですが、

私としては残しておきたい出来事なので書きます。

 

工場の片付け

涼しくなってきたので、

実家の工場の片付けをしてます。

母が、 細々と店をやっている隣にある工場です。

 

私は、3年前に父が亡くなってから、

実家をずっと片付けている感じです。

 

母はきれい好きですが、

歳と共にごみの分別ができなくなってきて、

私が定期的に 片付けないといけません。

 

f:id:hitsujidash:20201027170216j:plain

ここは、父が亡くなってから一度片付けて物を少なくしたんですが、

もう少しスッキリさせようと、今回は奥の棚を片付けて、

隣りのガラスケースを粗大ごみで出す計画です。

 

f:id:hitsujidash:20201027170130j:plain

片付け始めました。

ビン、ペットボトル、缶、

プラスチック、燃えるゴミ...分けなきゃ(>_<)

 

f:id:hitsujidash:20201027170729j:plain

ガラスケースはかなり重いので、粗大ごみで出すときは男手が必要。

亡くなった父は、人がいらないって言えばもらってくる人でした。

おかげで、家のあちこち物だらけです。

このガラスケースもスチールの棚もそうです。

ここ片付けたら、土間なので車1台入ります。

 

足の踏み場のない物置⁉

3年前に亡くなった父は、

片付けという大仕事を私達に残していきました。

父は、捨てられない、片付けられない、

そして収集癖があったようです。

 

f:id:hitsujidash:20201027174453j:plain
f:id:hitsujidash:20201027174609j:plain

左:ここ10畳ほどあるんですが、

父が物置にしていたようで、足の踏み場がなかった。

右:私がかなりの時間かけて片付けました。

どこから持って来たのかわかりませんが、

いろいろな物のオンパレードでした。

果物かごなんて、なんであるかな⁉

うちの車のものではないタイヤがあったり、ホイールがあったり。

ベッドまでありました。家族の誰も使用したことも見たこともないのに…。

 

f:id:hitsujidash:20201027180405j:plain
f:id:hitsujidash:20201027180347j:plain

民俗資料館かなにかに展示されてそうですよね。

これはそのまま置いてありますが。

この中で桐のタンスで使えそうなのを、

私が洗ってきれいにして母が使ってます。

  

ここが一番大変だった大きな倉庫

大きな倉庫もあって、ここもまったく片付けられてなくて、

なにから手を付けていいのか、

やると決めても立ち尽くしてました。

 

f:id:hitsujidash:20201027190833j:plain
f:id:hitsujidash:20201027190459j:plain
f:id:hitsujidash:20201027190350j:plain

この倉庫は、車でいったら4台は入ります。

左写真は、手前から片付けていって、

やっと下のコンクリートが見えました。

中央と右の写真は、片付け始めの手つかずのときのものです(>_<)

 

どれだけ、クリーンセンターに車で運んだかわかりません。

クリーンセンターの職員の人に不思議がられて、

「父がいろいろ集めてすごいことになって、今片付けてるんです。」

と説明することに。

その後は、「また来たね」と、声をかけてもらえたりして、

粗大ごみの時は手伝ってもらったりしました。

 

f:id:hitsujidash:20201027193016j:plain

やっとここまで片付けました。

 

今は、この手前に車1台入ってます。

やっとなんとか、ここまでになりました。

 

暑い時、寒い時は無理しないでやってきました。

 

この倉庫は、父が倒れてから始めたので、

かれこれ10年近くになります。 

 

片付けても片付けても、

終わらない作業に涙が出そうでした。

いえ、時には泣いてたような…。

 

やるのは私しかいないと、

40代は片付けてたことばかり思い出されます。

 

これ業者に頼んでたら、

100万はいってたと思います。

 

それで、股関節をなおのこと

痛めてしまったところはありますが(´;ω;`)ウッ…

 

 * * * * * *

 

せっかくここまで片付けたのに、

息子が引っ越しで持って来たものが

とりあえず置かしてもらうということで

また倉庫の一部を占領し始めています。

 

母に、「ごめんね、置かしてください。」と

息子のものを置かしてもらってます。

父と同じ匂いがして、不安です。

 

f:id:hitsujidash:20201027202343j:plain

こんな話をしてたら、こんな海が見たくなりました。

もう、なにも考えたくない…。