いっぴつじ blog

ひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

【股関節の痛み】子供を産んで「おんぶ」の毎日で

まさか自分が「変形性股関節症」とは⁉ 

30歳前に子どもを2人産みました。

1人目を産んで1年過ぎた頃、

徐々に右股関節が痛み出しました。

 

 

痛くなる前の私は動くことが好き

小さい頃から、外で遊ぶのが好きで、

駆け回っていました。

 

親からは、

「鉄砲玉と同じで 、外に出て行ったきりかえってこない」と、

よく言われてました。

 

4つ上の兄がいたこともあり、

川でザリガニ取ったり、クワガタ捕まえにいったり、

野球やったり、ミニスキーしたり…と、

おてんばというんでしょうか(*^-^*)

 

川遊びをしている子供のイラスト

 

「静」というよりは「動」で、

「インドア」ではなく「アウトドア」好きです。

 

リカちゃん人形を持っていなかったので、

そういうかわいらしい遊びをしたこともなかったです(笑)

 

陸上競技や水泳では選手として頑張りました。

社会人になってからは、テニスにスキーに楽しんでいました。

 

f:id:hitsujidash:20200907145502j:plain
f:id:hitsujidash:20200907145522j:plain
f:id:hitsujidash:20200907145542j:plain
18歳からスキーを始めて、毎年滑ってました。

 

当時の子育ては、とにかく【おんぶ】

 長男が1歳になる頃、右股関節が痛み出します。

なんだろう…おかしいなとは思っていましたが、

まだ大丈夫と生活してました。

 

夫の転勤で、結婚当初は知らない土地に来て、

しかも雪深いところでの暮らしでした。

 

近くに身内はいないので、

子育ては自分たちでするしかありません。

 

幸い、同じ転勤族のママ友が何人かできて、

一緒に協力しながら子育てしてる感じでした。

 

私も友達も、とにかく 毎日おんぶです。

 

おんぶ紐を使うお母さんのイラスト

 

買い物もおんぶです。

 

あの頃は、チャイルドシートとうるさくなかったので、

みんなおんぶしながら運転してました。

 

車から降りて、両手に荷物を抱えてアパートの3階まで上がります。

若さでした!

 

人生で初めて【股関節】のレントゲンを撮ることに

痛みがひどくなり、上から重さのくるおんぶ

重い物を持つということで痛みが出るようになりました。

 

骨折もしたことないので、

初めて整形外科に行きました。30歳前です。

 

そこで、初めて股関節のレントゲンを撮りました。

 

「臼蓋形成不全ですね。」と言われても、

なんですかそれ⁉と理解できませんでした。

 

👇こういうことです。覆いかぶさる上の骨の「かぶりが浅い」

 

http://www.murayama-hosp.jp/

 

そして、過剰な負荷により関節軟骨は少しずつ傷むこととなり 、

変形性股関節症に移行していきます。

 

両足の股関節が先天性だと言われ、

「エッ⁉ 先生今まで運動してきて何ともありませんでしたけど…」

 

『あなた、幸せな人生でしたね。 

小さいときにわかってたら、なにもやりたいことやれませんでしたよ。

今でよかったんですよ。そう思いましょう。』

 

いえいえそうでしょうか、どうなんでしょうかと、

頭の中ぐるぐるしてました。

 

 

骨はつくれませんから。

あとは、進行しないように、無理をしないように。

痛い時は痛み止めを飲んで湿布をしてください。

手術は、本当にもうダメだとなった時にしましょう。』

 

そんなものなんですね(´;ω;`)ウッ…

 

この痛みだと、2人目を考えた時に、

育てる自信がないと思いました。

 

勉強不足の私は、

整体行ったら少しは良くなったりするんじゃないかと思って、

通ってみました。

 

痛みがなくなってきました。

整体もよかったのですが、今考えると、

長男が歩くようになっておんぶすることが減ったからです。

 

痛みが軽減された頃に2人目妊娠

2人目ができてうれしかった半面、

産んだら「おんぶがはじまる」と、

不安でしたが覚悟はしてました。

 

体重が少ないうちは、おんぶしてても大丈夫でした。

 

ただ、長男が3歳で目が離せないこともあり、

結局毎日おんぶして、追いかけてました。

  

f:id:hitsujidash:20200907162618j:plain
f:id:hitsujidash:20200907162743j:plain
長男の保育園の運動会です。こんなふうに毎日おんぶです。

じわりじわりと、痛みが進行。

そして、今に至ります。

 

私が思うこと 

なんでもないのに、

股関節のレントゲンを撮りにいこうは思いませんよね。

 

でも、先に知っていたら、ここまでの無理はしなかったと思います。

それに、今もまだすんなり歩けていたと思います。

 

でも、知らずにスキーもした、テニスもした…

人生どっちがよかったか…わかりません。

 

骨が痛いサインを出してきた時は、

もう進行しています。

 

若い人も今はなんともなくても、

日本人の女性には多い「変形性股関節症」です。

気を付けてください。


こんな足ではありますが、

やれることはまだまだ楽しみたいと、

前向きに考えるようにしています(*^-^*)