いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

戦争で別れることになった2人

[93歳のおじいちゃんの想い] 

私の前の職場に、

お客様としてよく来てくださるおじいちゃんの話です。

93歳と聞いて驚くくらい、

見た目も若くお元気な方です。

 

f:id:hitsujidash:20200624105112p:plain

 

ある時、「あのね...」

話を切り出してきました。

 

「どうしました?なにかありましたか?」と聞くと、

 

「あのね、新聞のお悔やみの欄あるよねー。

 俺はさ、そこ毎日見るんだけどさ。

 俺が、戦争行く前に付き合ってた女の人が、

 お悔やみのとこにこの前のってて。

 

 なんで、わかったかっていうとね、

 死んだ歳見ればそうだし、

 住所も前と同じで、苗字が変わってねかったんだ。

 

 ということはさー、結婚しなかったんだろうかと思って。

 いやーもしかして俺のことずっと想っててくれたんだかなー

 と思うと複雑な気持ちになってさー。」と。

 

そのあとも、自分のことを話してくれたおじいちゃんです。

もう私は、おじいちゃんではなく、

一人の男性として見て、聞いてました。

 

18歳の頃だそうです。

お互いが好きで付き合っていたんだよなーと。

 

戦争が始まって、自分にも召集令状が来たそうです。

今だから言うけど、仕方なくいくという気持ちもあったと。

 

f:id:hitsujidash:20200624105201p:plain

 

「戦争がなかったら、結婚してたろうなー」と。

「お互い好きだったんだよなー」と、何度も話されます。

本当に好きだったんでしょうね。

 

戦争では外地にも行ってられたようで、

無事に生きて帰ってこられたんだと話していました。

 

f:id:hitsujidash:20200624105701p:plain

 

戦争から帰ってからは、その女性と会うこともなく、

違う人と結婚したそうです。

 

f:id:hitsujidash:20200622104703p:plain

 

今は車の運転は辞めたので、

ここに来るときは息子さんのお嫁さんだったり、

お孫さんから乗せてきてもらっています。

 

「俺、頑張って働いたから、金はあるんだ。

 月に一度は孫やひこたちに、ごちそうしてやるんだ!

 ほら、なんでも好きなの食べれ、言うて。」

 

お孫さんも、「じいちゃん、ほら、つかまれ。」と、

手を貸してやってるのを見ると、微笑ましいです。

こちらも、ほっこりします。

 

おじいちゃんの若い頃を私なりに想像すると、

背が高くて、体格のいい松平健さんのような感じじゃないでしょうか。

顔はきっと男前です。

93歳の今の顔がイケてますから。

 

f:id:hitsujidash:20200622104703p:plain

 

このおじいちゃんのほうは、家族ができて、

ずっと命がつながっています。

大家族なんだそうです。

 

別れた女性はどんな人生だったんでしょうか。

でも、もし死ぬまで想い続けて一人でずっといたとしても、

私はその人生ありだと思います。

 

おじいちゃんもずっと、

胸の内に彼女のことを気にかけながら、

生きていたんだと思います。

 

亡くなってしまった女性のもとに、

こんなおじいちゃんの想いを届けられないのが残念です。

 

私達従業員で、

「素敵な話だねーーー!」

盛り上がったことを覚えています。

 

93歳のおじいちゃんの恋心に触れて、キュンとしたお話です(*^-^*) 

戦争のない平和な世界であってほしいと願います。

 

f:id:hitsujidash:20200622104703p:plain