いっぴつじ blog

日々のことをひつじが一筆かきます。愛猫もたまに交えて(*^-^*)

中学の時、創作ダンスの授業で彼女をグループに!

今週のお題「傘」

 

今もあるのでしょうか。

私の中学の時は、体育の授業で「創作ダンス」が

ありました。

 

それは中三の時の話です。

 

創作ダンスは、グループを作り、みんなで曲を選択して、それに振り付けをして、みんなの前で披露する。

そんな感じだったと思います。

 

体育の顧問の先生から、グループのリーダーの私に、

「Hさんをあなたのグループに入れてあげてくれないかな。お願い。」と。

 

私はHさんとは、中三でクラスが一緒になったのです。

そこまでのいきさつがわからなかったので、私は何もわかりませんでした。

でも、クラスでは、男子からも女子からもさけられていて、休み時間も一人でいる感じでした。

 

私も見ていれば察します。そういう感じなんだなと。

でも、私、そういうクラスのみんなが許せないとこがありました。

 

かわいそうだなと、そんなふうに見ていた自分もいやなんですが、

でも、仲良くはできなくて。

 

体育の先生にそうお願いされて、たまたま私のグループはやさしい人たちだったので、

先生にこう言われて...と説明したら、いいよと。

 

そして、まずダンスの曲決めだね、とみんなで話し合いが始まって、

「雨にぬれても」になりました。

 

Raindrops keep  fallin on my head

で始まる曲です。

 

これに、みんなで色付きの透明な傘持って踊ろうってことにしました。

曲に合わせて、次々にパッパッパッと傘を開いていったり、

楽しく踊ったことを覚えています。

 

f:id:hitsujidash:20200613000538p:plain

Hさんを避けていた人たちは、

「あーうちのグループじゃなくてよかった」って感じでしたけど。

 

何時間か練習しての発表会の後、

体育の先生に、「ありがとう」と言われたことが忘れられません。

 

私は、いじめる行為自体が嫌いだったので、クラスの一部が嫌いでした。

そんな人たちに、はむかっていたら、

私もやられてたんでしょうけど。

はむかいたい気持ちはやまやまでした。

 

Hさんがみんなから避けられることは、卒業まで続いていました。

私は、Hさんが困ったときは手を差し伸べたつもりです。

 

中学卒業から別々の道に進み、Hさんとも会うことはありませんでした。

 

それが、20歳の時に、Hさんとたまたまその辺のスーパーでばったり会ったんです。

そのときに、言われたんです。

「私中学の時、〇〇さんに助けてもらって、本当にうれしかった。

 いつか、ありがとうって言わなきゃって思ってたんだよ。」と。

 

突然、言われて驚きました。

後からじわじわと私の記憶がよみがえってきて、そうだ、

創作ダンスで傘さして「雨にぬれても」踊ったよね。

 

それが、まっさきに浮かんでなつかしくなりました。

大したことしたつもりはなかったのに、

そんなふうに思っててくれたことに嬉しくなりました。

 

f:id:hitsujidash:20200613001138p:plain

「雨にぬれても」

この歌詞、いい歌詞なんです。

 

雨が降るくらいでふさいだりしないし

もうすぐ幸せが私に会いに来るはずってこと

泣いたってなんにもならないし

私は自由だし

心配することもない

 

あの中学の時に、この曲の選択で踊れたことも意味があったかもね、Hさん!

 

しばらくして、Hさんが、結婚して子供を連れているのを見て、

心からよかったって思いました。